風俗バイトで稼ごう!

>

平均1日3万円稼げる「ピンサロ」と「ファッションヘルス」

接客時間が短く採用されやすい「ピンサロ」

「ピンクサロン」の特徴は、実は風俗の営業届けで営業されているのでは無いので厳密にいえば風俗店ではありません。
プレイ内容は、お客さんと少しトークをして、その後キスをして、おしぼりやウエットテッシュなどでお客さんのペニスを拭いたら、手コキやフェラチオをするのが標準的な流れです。

「ピンクサロン」は指名料やチップなどもありますが基本的に時給制で日給平均3万円、稼げて5万円が限界と言われています。
金銭面ではあまりメリットが感じにくい「ピンクサロン」ですがメリットとしては、接客時間が短くてすむので、会話をする必要もありませんし、店内が非常に薄暗いので、外見や年齢が判別しにくく、お店に採用されやすい事が挙げられます。
また男性従業員が店内を巡回しているので安全性の高い風俗とも言えます。

短時間で稼ぎやすい「ファッションヘルス」

「ファッションヘルス」は店舗型の風俗店で、近年増えているデリヘルやホテヘルなどの派遣型風俗ではありません。
プレイ内容は個室にお客さんと入室したら、シャワーでお客さんの体を洗ってあげ、部屋でキスなどを行い、最後に素股やフェラチオでお客さんを射精させるまでがプレイの流れです。
本番行為は禁止されています。
有料のオプションプレイもお店ごとに設定されていて、オプションプレイの代金は女の子に全額入る仕組みになっています。

ファッションヘルスのメリットはお客さんの回転率が良く、接客時間を短くするようにプレイすればかなり稼ぐことが出来る事です。
また、店舗には店員がいるので本番行為を迫られたら店員が直ぐに対応してくれます。
デメリットはシフト制なので勤務形態はかなり管理されます。


Share